服についたワキガの臭い対策

ワキガ対策は、ワキに直接塗布するアイテムを使うのが主流ですが、皆さま忘れてはいませんか?
ワキガは雑菌によっても臭いを発することを。
そうなると、一度汗をかいて乾いた服をそのまま着ていれば、また汗をかいたときにその服で繁殖している雑菌と混ざりあってさらにワキガの臭いはキツクなります。
しかも、服にはワキ汗のシミがつきますし、放っておくとワキガの人の服はワキの部分が黄ばんでいきます。
せっかくお気に入りの服を着ていても黄ばんでしまってはそのまま着るわけにはいきませんよね。
特に、Yシャツやブラウスとなると尚更黄ばみが目立ちますので、できればどうにかしたいところ。
そこで、皆さまにぜひ行っていただきたい、服についたワキガの臭い対策方法をご紹介します。

 

 

まず、自分自身で服を決められる場合、できるだけ綿のものを選ぶようにしましょう。
ポリエステル100%といった服を選んでしまうと最悪な事態に陥ってしまうこともあります。
それは、汗を吸わないポリエステルは、汗がどんどん流れていき、ボトムスまで汗が到達してしまう恐れがあることと、そして乾かない汗によって、雑菌の繁殖がひどくなり、強烈な臭いを発しやすくなってしまうことです。
もし、制服や着ている服がポリエステル100%だったり、さらさらした生地だったりする場合には、インナーに脇の汗シミ対策のある、綿のタンクトップやシャツを選ぶようにしましょう。
これだけで、たとえば制服につく汗の量はだいぶ抑えることができるのです。
これらのことを行った上で、衣類用スプレーを使用したりするのがよいのだと聞きました。

 

おすすめは、重層スプレーです。
重層と、スプレーボトルを購入し、重層を水で溶かしたものを持ち歩くこともできますし、またスーツやブラウスなどの脇の部分に直接重層スプレーをシュッシュッとしておきます。
そして乾いてから着てみてください。
あるい程度ワキガの臭いが付いてしまっているものには効果は薄いのですが、新品のものにスプレーをしておくと、だいぶ臭いがつきにくくなるのだそう。
重層スプレーは低価格でできますが、それでも効果を感じにくい方は、ワキガ専用の衣類スプレーを使用してみるのもよいと思います。
結構たっぷりとスプレーしておくと、ワキガ臭を衣類の表面まで出さないようにしてくれる力があるようです。

 

洗濯をする際にも、ワキガの臭いがついたものに関しては、できれば別に洗ったり、ワキの部分をあらかじめ漂白剤に浸けておき、手洗いした後で洗濯機に投入して洗うという方法もあるのですが、これは衣類の傷みが早まりますので、あまり頻繁には行いたくないところですよね。
もし、借り物の制服に臭いがついてしまったら、クリーニングに出すことをおすすめします。
クリーニング屋さんはその道のプロですので、家で洗うよりは臭いについても取れると後輩が言っておりました。

 

ワキガ対策のためとは言え、若干手間はかかりますが、その手間を惜しまないことが大切ですね。
まさに、『美』を目指すための努力の一つと言っても個人的には過言ではないと思います。