ワキガ対策用の洗剤は存在する?

どんなに気を付けていても、その日の体調により、汗を多くかいてしまう日は誰にでもあることでしょう。
いくら汗やワキガ対策ケアを行っていても、体調によってはしっかりと抑えることができない日もございますよね。
そんな時、その時に着ていた服は早く洗濯したいものですが、仕事中の出来事であったり、外出で遠出をしていればすぐに着替える、洗濯することは不可能。
そうなると、家に帰って一刻も早く洗濯したいところですよね。
しかし、普通に洗濯するのでは、他の衣類に臭いが付いてしまうかもしれない…また、別に洗うとしてもこのシャツ1枚を洗うために洗濯機をまわすなんて、もったいない…何かいい方法はないものか…。
そんな経験がある方に、朗報でございます。

 

まず、ワキガ対策専用の洗剤は今のところ私も見たことがありません。
しかし、後輩や、後輩の知人から得た情報によりますと、専用の洗剤がなくてもワキガの臭いをとる方法はあるのだとか。
その方法をしっかりと聞いてまいりましたので、こちら参考にしてみてくださいませ。

 

 

まず、一番ポピュラーなのは漂白剤+洗剤を使用すること。
漂白剤には、殺菌・除菌効果があるので、ぜひとも活用したいところではあります。
しかし、普通の衣類用漂白剤を毎回使用していると、どうしても衣類が傷みやすくなります。
そこで、漂白剤が最初から入っている洗剤を使用するのがコスパ的にもよいと皆さまおっしゃっていました。

 

しかし、ある程度商品が限られてしまいますし、他の衣類に漂白剤を使用したくないという場合もございます。
そういった方には漂白剤が入っていなくても、人気の洗剤があります。
たとえば、部屋干しトップには、抗菌剤が入っていますし、HYGIA(ハイジア)にも抗菌力のあるプラスイオンが入っていて、洗うたびに繊維に吸着するのが特徴です。
NANOX(ナノックス)も人気があり、後輩はアリエールサイエンスプラスを使用していると言っていました。
家庭用洗剤では、なかなかわきがの黄ばみまではとりにくく、どうしても白っぽい服だとだんだん黄ばんでいってしまうので、あまり白っぽい服は着ないように気を付けているそうです。
しかし、制服のブラウスは白が多いので、家の洗濯では臭いがとれない人はクリーニングで汗抜き洗いを指定して出すのも手だそうです。

 

そして、次におすすめなのが重層。
どうしても家庭でわきが臭を取り除きたい方で、上記の洗剤だけでは不安な人は、これに酵素系の漂白剤をプラスするか、重曹を使用してみましょう。
普段重層スプレーを持ち歩き、洗濯でも使用するとより高い効果が期待できます。
500mlの水にだいたい大さじ1杯の重層を入れて溶かします。
この重層水にワキガの臭いが気になる服を一晩ほど浸けておくだけ。
あとは、普通に洗濯するだけですので、とっても簡単だと思います。
これでも臭いが黄ばみがまだ気になる人は、重層水に浸けたあと、今度は漂白剤に浸けてから洗濯してみてくださいませ。
仕上がりがだいぶ違いますよ。
ただし、この方法は一番服を傷めやすいので、大事な服にはあまりおすすめいたしません。

 

清潔感のある身だしなみは、女性にとっては特に必要とされる機会が多いので、ワキガ臭のしない生活を試みたいものですね。